70歳以上の方が運転免許を更新する場合は、
事前に高齢者講習を受けていなければなりません。
    
◇高齢者講習と認知機能検査
 ○70歳以上75歳未満の方

 運転免許センターより高齢者講習の受講通知ハガキが届きます。
2時間の高齢者講習の受講となり、受講手数料は6,450円となります。
 講習受講後、免許更新の手続きを運転免許センターまたは最寄りの警察署で行うこととなります。

 ○75歳以上の方

 運転免許センターより認知機能検査の受検通知ハガキが届きます。
認知機能検査を自動車学校等で受けていただき、「認知症のおそれなし」の場合で、一定の違反がない場合2時間の高齢者講習を受講して頂き、免許更新可能となります。
ただし、一定の違反がある場合は、運転技能検査を受験していただく必要があり、合格しないと更新ができません。
また、認知機能検査で「認知症のおそれあり」の場合は、免許センタからの指示で医師の診断が必要となります。

 
 ○認知機能検査の内容

検査は検査用紙に記入して行います。時間は30分、手数料は1,050円です。
検査は次の2つの項目があります。

ア 時間の見当識
検査時における年月日、曜日及び時間を回答していただきます。
イ 手がかり再生
一定のイラストを記憶し時間をおいた後、記憶しているイラストをヒントなしに回答していただきます。
その後、さらにヒントをもとに回答していただきます。
 ○運転技能検査の対象となる一定の違反
@ 信号無視
A 通行区分違反
B 通行帯違反等
C 速度超過
D 横断等禁止違反
(法定横断等禁止違反、指定横断等禁止違反)
E 踏切不停止等・遮断踏切立入り
F 交差点右左折方法違反等
(交差点右左折方法違反、環状交差点左折等方法違反)
G 交差点安全進行義務違反等
(交差点優先車妨害、優先道路通行車妨害等、交差点安全進行義務違反、環状交差点通行車妨害等、環状交差点安全進行義務違反)
H 横断歩行者等妨害等
I 安全運転義務違反
J 携帯電話使用等 信号無視
 ○運転技能検査
1,対象者
 免許更新時、75歳以上(令和4年10月12日以降に誕生日を迎える方に適用されます。)の普通自動車対応免許を所持している方のうち、運転免許証の有効期間満了日の直前の誕生日の160日前の日前3年間に、一定の違反歴がある方が対象となります。この検査に合格しない場合、運転免許証の更新ができません。
2,検査内容
普通自動車でコースを運転して課題(指示速度による走行、一時停止、右折・左折、信号通過、段差乗り上げ)を実施します。 100点満点中、大型二種、中型二種又は普通二種の免許所持者は80点以上、それ以外の方は70点以上で合格となります。
3,料金  
受験手数料は3,550円となります。        
 
◇送迎バスの利用

 当校無料の送迎バスが各方面に運行しています。ご利用方法等は事前にご連絡頂ければご説明させていただきます。(電話番号025-247-5201)
バスを利用される際の注意点

  • 送迎バスをお待ちの際には、交差点、バス停等をさけてバスが見えましたら送迎バスが止まるまではっきりと手をあげて下さい。
  • 交通渋滞及び悪天候等によりやむを得ず予告なしで運休することがありますのでご了承下さい。
  • 通過時刻を10分以上遅れている場合は、恐れ入りますが自動車学校へご連絡ください。
◇運行路線のご案内

 下記の方面をクリックしていただきますと、運行ルート、運行時間などの詳細が表示されます。

       ○ 亀田方面 (亀田、所島、袋津、山二ツ)
       ○ 横越方面 (横越、三條岡、亀田向陽、萌木野、山二ツ、姥ヶ山)
       ○ 女池方面 (新和、出来島、網川原、鳥屋野、女池)
       ○ 両川方面 (亀田早通、両川、酒屋、曽野木、長潟)
       ○ 石山方面 (石山、中野山、東明)
       ○ 曽野木方面 (曽野木、天野、親松)
 
◇法改正の内容確認
   外部リンク「新潟県警察ホームページ」(>https://www.pref.niigata.lg.jp/site/kenkei/)
          トップ→運転免許→各種講習のご案内、で確認願います。