夏の交通事故防止運動
実施期間  7月22日(月)〜7月31日(水)までの10日間
スローガン 令(うるわ)しい まなーで和(やわら)ぐ 夏の道
〜運動の重点〜
○横断歩道でに歩行者優先
 横断歩道は歩行者が最優先です。ドライバーは横断歩道付近では減速するなど横断しようとする歩行者に備え、横断者がいるときは必ず一時停止しましょう。
 歩行者は横断歩道を利用して、左右の安全をしっかりと確認してから横断しましょう。
○疲労運転の防止
 夏場は暑さのため、自分では気づかないうちに疲労が蓄積します。居眠り運転などの疲労運転は飲酒運転と同じくらい危険です。
 車を運転するときは、体調を万全にし、少しでも疲れを感じたら休憩しましょう。
○飲酒運転の根絶
 飲酒運転は重大な犯罪です。「飲んだら乗らない、乗るなら飲まない、運転する人には飲ませない」を徹底し、飲酒運転を根絶しましょう。
 特に、二日酔いも飲酒運転になります。翌日車の運転が予定されているときは、お酒の量を控えましょう。
 
参考:新潟県警察ホームページ 「夏の交通事故防止運動」